治療:食欲抑制剤3F(スリーエフ)舌下スプレー

舌下スプレー3F

この治療は食欲抑制剤を舌下にスプレーすることで、食欲、空腹感を抑える作用があります。
スプレーすると、脳の中枢神経に作用して、セロトニンの分泌を促し、ごく自然に満足感、満腹感を得ることができます。
空腹感や過度な食欲というのはストレスや感情の起伏により発生することがほとんどで、食べ過ぎによる過剰なエネルギー摂取は本来身体が望んでいるものではないのです。
そういった疑似の食欲などを、薬剤噴射によって解消するのがこの痩身治療の目的です。
味は柑橘系で、すっきりとした後味なので、苦痛なくスプレーできると思います。
また、その他のダイエットとも併用していけば、より高い効果を発揮できるはずです。

食欲抑制剤とは

脳の奥にある中枢神経、そこでは人の持つ様々な感情をコントロールしていると言われています。
その中で活動している神経伝達物質をセロトニンと呼びます。
このセロトニンの分泌を促すことで、満腹感や満足感を呼び覚まし、余計な食欲を感じさせにくくする、それが3Fの効果です。
舌下に打つことで、毛細血管から瞬時に体内へ浸透し、ほんの数分ほどで効果を発揮し始めます。
成分は天然由来の物を使用しておりますので、安全に長期にわたってご使用いただけます。
そのほかの治療やダイエットと一緒に使うことも可能です。
渋谷院、銀座院、新宿院、池袋院、梅田院、心斎橋院すべてのフェミークリニックで治療を受けられます。

副作用等への懸念

食欲抑制と聞くと、食欲そのものが失せてしまわないかと心配になりますが、この食欲抑制剤3F舌下スプレーの効果は、余分な食欲に対してのみ表れます。
普段の生活で消費したカロリーを補うのが食事なので、食欲そのものは人の体になくてはならないものです。
しかし過度なストレスや、不安や怒りなどの感情の動きがあると、必要以上に食欲がわいてきてしまいます。
そういった本来とるべきではないエネルギーまでもを摂ってしまう事態を回避するのが、この薬剤の効用です。
したがって、懸念されるような食欲不振などは起きません。
ただ、この薬は処方者の方の精神的な負担を抑えることを目的としておりますので、間接的に脂肪を減らすことはできても、薬事態にダイエット効果はありません。
より確実な方法をとるのであれば。
その他の痩身治療とダイエットとの併用がおすすめです。