治療:脂肪溶解注射

脂肪溶解注射とは

脂肪溶解注射はメソセラピーとも呼ばれる、脂肪細胞を分解する薬剤を肌に注射する痩身治療のことです。
渋谷、銀座院のみならず新宿、池袋、関西エリアは梅田と心斎橋といったフェミークリニックすべての医院で受けることができます。
脂肪を減らすだけではなく、脂肪細胞そのものを分解して、体外へと排出させますので、リバウンドの可能性が極めて低いです。
また、セルロイト除去にも高い効果を発揮します。
あまり広い範囲の治療には不向きですが、逆に部分痩せなどにはかなり効果的です。
注射を打つだけの治療なので短時間で行うことができるので、とてもお手軽、かつお気軽にご利用できます。

脂肪溶解効果の内容

脂肪溶解に使われる薬剤はかなり前から使われている血清脂質改善薬という、血液中の脂質のバランスを整える効果のある薬です。
重い副作用の報告は無く、安心して治療を受けられます。
分解された脂肪も体内で悪影響を及ぼすことはなく、そのまま体外へと排出されていきます。
特に効果を発揮するのが部分痩せです。
顔周りやお腹などに直接打ち込むことで、そこの脂肪を分解し、次にまた脂肪が付きにくくします。
脂肪細胞そのものを減らせるのでリバウンドを起こしにくく、高い持続力が期待できます。
また、短期間で効果が表れますのですぐに痩せたい方にもおすすめです。

肌への痛み、治療後の様子

脂肪組織を直接分解するので、注射した部分の内出血や筋肉痛に似た痛みが、特に初診時に発生します。
しかし二度目からは体が慣れていくので負担もかなり和らいでいきます。
打ち込む薬の成分によってこういった事態の重さは左右されるのですが、当フェミークリニック渋谷院では過去の症例などの経験をもとに、より少ない負担で患者様に痩身治療を受けてもらえるように努力しています。
また、施術後にマッサージをすることで痛みを軽減することができ、さらに薬の成分が均等になる効果もあります。
また、脂肪溶解注射は一度の施術では効果がはっきりとは出ないので、数回に分けて治療を受けてもらわなければなりません。
効果の表れる範囲も広くないので、広範囲を一度にといった治療は難しいです。