アフターピルはもしも避妊に失敗してしまった場合や、性暴力等の被害にあった時に使用する緊急避妊薬です。受精卵の着床を防いだり、排卵遅延を起こすことで妊娠を防ぐことが出来ると考えられています。

緊急避妊薬、アフターピル

経口避妊薬であるアフターピルは子宮に働きかけて避妊

経口避妊薬には主に低用量ピルとアフターピルがあります。低用量ピルは毎日服用することにより体内の女性ホルモンのバランスをコントロールし、妊娠しにくい状態にします。そのため性交渉をしても避妊することができるのです。しかし、低用量ピルも服用せず、コンドームの使用にも失敗してしまう場合があります。そんな緊急時の避妊に使うのがアフターピルです。アフターピルは子宮に働きかけて妊娠を防ぐことができます。どのような効果かと言うと、アフターピルに含まれるのは黄体ホルモンです。黄体ホルモンとは女性ホルモンの一種で妊娠をサポートする作用があります。女性の体内には卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類があり、このホルモンバランスにより生理や妊娠ができます。特に妊娠に関しては卵胞ホルモンが分泌されることで子宮内膜が厚くなり、受精卵が着床しやすい状態になります。そして卵胞ホルモンの分泌が少なくなると黄体ホルモンが分泌され、生理が始まるのです。そしてアフターピルを服用すると子宮が黄体ホルモンの分泌がされた状態になるため生理が始まります。そのため妊娠を防ぐことができるのです。しかし、アフターピルによる避妊を成功させるためには性交渉後72時間以内に服用しなければいけません。時間が経過するにつれ避妊成功率は低下していきます。つまり100%避妊ができるとは限らないのです。そのため、性交渉の際に避妊に失敗した場合はすぐに服用することをおすすめします。産婦人科で診察してもらえばすぐに処方してもらえます。ネット購入は服用までに時間がかかるため、あまりおすすめできません。また、服用後は吐き気や頭痛など副作用があります。そのため服用の仕方には注意が必要です。