アフターピルはもしも避妊に失敗してしまった場合や、性暴力等の被害にあった時に使用する緊急避妊薬です。受精卵の着床を防いだり、排卵遅延を起こすことで妊娠を防ぐことが出来ると考えられています。

緊急避妊薬、アフターピル

モノカルボン酸とアフターピルと調整について

モノカルボン酸とは有機酸のことであり、詳しく知りたいという人も多いでしょう。その場合はインターネットで調べてみるのがおすすめです。女性なら誰でも生理があるのは仕方がないことなのですが、とくには生理を避けたいこともあるでしょう。生理があると旅行やスポーツなどを楽しむことができませんし、結婚式などの大事なイベントの時にもベストな体調で過ごすことができません。ピルというと避妊薬というイメージを持っている人も多いでしょう。確かにこの薬には高い避妊効果があるのですが、他にもさまざまな効果があることが分かっています。ピルを飲むことで生理日の調整ができるため、何か予定がある場合は病院で処方してもらうと良いでしょう。ちなみに、短期の調整の場合は低用量ピルやアフターピルではなく中用量ピルが処方されることになります。生理を早めたい場合は生理が始まってから7日目までにピルを服用する必要があります。最低でも7日以上の服用が必要であり、理想は10日の服用とされています。飲むのをやめたら3~4日程度で生理が始まるということです。開始日と服用日数は予定に合わせて調整することになりますが、早める方がイベントの期間中は飲まなくて良いというメリットがあります。また、ピルを利用することで生理を遅らせることもできます。早めるのが間に合わない場合は予定日の5日前から服用することが大切であり、イベント最終日の前日まで服用することになります。飲むのをやめたら3~4日後に生理が始まるということです。ピルが体に合わないと吐き気や頭痛などの副作用が起きてしまうこともありますし、飲み忘れると途中で出血が起きることもあるので注意しましょう。