アフターピルはもしも避妊に失敗してしまった場合や、性暴力等の被害にあった時に使用する緊急避妊薬です。受精卵の着床を防いだり、排卵遅延を起こすことで妊娠を防ぐことが出来ると考えられています。

緊急避妊薬、アフターピル

アフターピルの処方は初診でも可能?

避妊に失敗した時に心配なのは妊娠していないかということです。避妊のためにコンドームをつけても破れてしまったり、危険日と分からずに性交渉をしてしまい、後から後悔することがあります。しかし、性交渉後でも避妊をすることはできます。それがアフターピルです。アフターピルは女性ホルモン剤の一つで、服用することで子宮の状態を変えることができます。そのため、たとえ受精していたとしても受精卵の着床を防ぎ、妊娠しにくくすることができます。しかし、このアフターピルの効果を得るためには性交渉後72時間以内に1度目の服用をしなければいけません。それ以降になってしまうと避妊の成功率が下がってしまうのです。そのため、もし性交渉の際の避妊に失敗した場合、妊娠を防ぐためにはすぐにアフターピルを飲まなければいけません。そのような際に気になるのがアフターピルの入手先です。手に入れるには産婦人科で処方してもらうか、ネットで購入するしかありません。しかしネットの場合は注文してもすぐに届かないので、服用するまでに時間がかかり、間に合わない場合があります。そのため、すぐに服用したいなら産婦人科で処方してもらうことをおすすめします。産婦人科に通院していない方の場合は初診でも処方してもらえるかどうか気になるかもしれませんが、初診でも処方は可能です。しかもアフターピルの処方は保険適応外なので、保険証が無くても必要事項を記入すれば処方してもらえる所もあります。そのため、すぐに服用することで避妊成功率を高めることができます。
このように避妊に失敗した際にアフターピルを必要とするなら、産婦人科で処方してもらうことをおすすめします。初診でも処方可能なので安心してすぐにもらうことができます。