アフターピルはもしも避妊に失敗してしまった場合や、性暴力等の被害にあった時に使用する緊急避妊薬です。受精卵の着床を防いだり、排卵遅延を起こすことで妊娠を防ぐことが出来ると考えられています。

緊急避妊薬、アフターピル

アフターピルと性交痛と膀胱炎について

恋人がいる女性はもちろん、既婚者の女性でもアフターピルに興味を持っている人も多いでしょう。性交渉をする際には妊娠のリスクが気になってしまうものです。妊娠を望んでいるなら性交渉の必要はありませんが、望んでいない場合はしっかりと避妊をする必要があります。望まない妊娠は女性の体と心を傷つけてしまうため、効果的な避妊方法を知っておくことが大切です。アフターピルというのは避妊に失敗した際に使う薬となっています。コンドームが破けてしまった場合や落ちてしまった場合は妊娠の可能性があるため、妊娠を望んでいない場合はアフターピルなどで避妊をすることになるでしょう。また、最近では凶悪な性犯罪に巻き込まれてしまう女性も増えています。女性にとって性犯罪はトラウマになりますし、その相手の子供を妊娠したら困ってしまうという女性も多いでしょう。性犯罪の被害に遭った女性が妊娠した場合、ほとんどの女性が中絶を選ぶと言われています。しかし、中絶は心にも体にも大きな負担がかかる手術ですし、妊娠しないためにはアフターピルを処方してもらい、妊娠を回避するようにしましょう。アフターピルは安全性の高い薬なのですが、服用することで膀胱炎のような症状が出てしまうこともあります。また、アフターピルを服用すると子宮の入り口が狭くなって分泌液も減少するため、性交痛が起きやすくなると言われています。また、分泌液が減少することで感染症にかかりやすくなってしまうという副作用も挙げられます。性交痛があると性欲そのものが減退してしまうこともありますし、パートナーがいる場合は性交渉に関する副作用は重要な問題となっています。そこで早めにドクターに相談すると良いでしょう。